『愛犬の床』…気になる値段や評判を調べてみた。

『愛犬の床』についてのレポート

こんにちは、最新の “おすすめアイテム” をご紹介する「Recommend Style」の横山です。

今回は、犬にとって理想な床を簡単に実現することができると評判の『愛犬の床』についてのレポートをお伝えしたいと思います。

★★★ フローリングの滑りが原因で、実際に多くのケガが起きています。 ★★★

愛犬と共に過ごす毎日は充実していて、癒されているという人も多いのではないでしょうか。

犬を飼うのに昔は外で飼育するのが当たり前でしたが、今では室内で生活をしていることがほとんどです。

室内で飼育している場合、外で生活させるよりもトラブルは少ないだろうと思っている人も多いかもしれませんが、実は室内でもトラブルは起こっているんです。

その原因がフローリングと言われています。

犬にとってフローリングというのは歩きにくい場所であり、本来ならば爪をスパイクのような形として突き立て走っている動物ですから、フローリングのようなツルツルとした場所は歩くのすら大変なのです。

特に室内で飼育されている場合、トリミングなどで爪を短く切っているという場合も多く、より歩きにくくしています。

特に胴が長く足が短い種類の場合は、歩くだけでもヘルニアになってしまうというリスクもあるのです。

人間にとっては快適な空間でも、犬にとっては過ごしにくいという環境があることをまず知りましょう。

また、実際に多くのケガを起こしているという現状を理解し、何らかの対策をしていく必要があります。

大切な家族の一員ですから、過ごしやすい環境を与えてあげるようにしたいものですね。

★★★ フローリングの滑り対策あれこれ…効果のほどは? ★★★

フローリングが危険が付きまとうものだということは理解できたけれども、どんな対策をしていけば良いか悩んでいるという人も多いでしょう。

ただ単純にカーペットを敷けば良いのかと思えば、そうとも言いきれません。

フローリングの滑りに対しての対策としては、以下のような方法があります。


【ペット用ワックス】

フローリングをそのままに、滑りにくくするワックスを塗るという方法です。

単純にすぐにできることから一度は試したことがあるという人も多いでしょう。

ただし、すべてのフローリングを塗るという作業は大変であり、効果も今一つという現状があるようです。


【ペット用マット】

フローリングに敷き詰めて使用するものです。

絨毯よりクッション性がありますので快適です。

しかし、おしっこをしてしまった場合などにはフローリング部分まで浸透してしまいます。


【コルクマット】

こちらもペット用マットと同様に敷き詰めて使います。

おしっこなどがシミになってしまうのがデメリット。


【すべり止めスプレー】

安価なアイテムなので、一度試してみる価値はありそうです。

ただし、滑りに関してはあまり改善されないようです。


【すべり止め靴下】

すべり止め靴下を、直接足に履かせます。

しかし嫌がる場合も多く、思ったような効果を感じないということも多いようです。

★★★ やっぱりお勧めはペット専用コーティング『愛犬の床』! ★★★

フローリングのままにしておくと、ケガの恐れがあるし、何か敷いたりワックスを塗るというのも手間もコストもかかるし、それほどの効果を感じないという人にお勧めしたいのが、ペット専用コーティング『愛犬の床』なんです。

これは、専用の機械で光をあて瞬時に効果さえる特殊なコーティングを施した床のことであり、たったの1日で施工が終わります。

ワックスのようなイメージかもしれませんが、すぐに出来上がるので何の制限もなく普段通りの暮らしをすぐに始めることができるというものです。

獣医が考える犬にとっての理想な床を簡単に実現することができると、愛犬家の人達に人気になっています。

通常のフローリングは傷がつきやすく、おしっこなどのシミが染み込んでしまうことも多い為、見た目にもよくありませんでしたが、コーティングすることで、それらの悩みを解消することができます。

しかもコーティングが水分を弾いてくれるので、染み込むこともありませんし、サッと拭き取るだけでキレイになります。

また、洗剤を使用しても剥がれることはありません。

そして、床暖房を入れている家でも問題なくコーティングすることができるので、ほとんどのお宅で使用することができるのです。

【愛犬の床、“すべりの違い”動画で確認してください!】


※この映像は、越谷市の岡井さまより、ご提供いただいたものになります。

★★★ 『愛犬の床』施工の流れはこんな感じ! ★★★

施工のながれを大まかにご説明します。

1.資料請求

ホームページ上の問い合わせフォームから無料施工サンプル・パンフレットを請求しましょう。

実際のコーティングを施したサンプルも一緒に郵送してくれますので、どのようなものかを手にとって確認してください。


2.見積もり

『愛犬の床』を施工したい家の図面を用意し、郵送します。

図面が手元にない場合でも、㎡数や畳数を伝えるだけでも構いません。

フローリングの面積に合わせて見積もりを作成します。


3.現地調査

直接家に出向き、技士が確認します。

家にとって最適な工程を組み立てるためにも必要ですし、床の一部分に試してみるということも可能です。

ただし、以前に何かしらのコーティングを施している場合、『愛犬の床』を施工できない場合があります。


4.施工の申し込み

依頼内容と見積もりを確認し、納得しましたら施工の申し込みとなります。

支払いに関しては仕上がり後になっていますので、しっかり納得してからお支払いをしてください。


5.施工

『愛犬の床』を施します。

先ほども言いましたが、専用の機械で光をあてることで瞬時に硬化させる光重合硬化という技術を用いますので、1日で完了します。


6.アフターサービス

20年の保証が付いており、困った時に利用することができるので安心です。

★★★ 『愛犬の床』専門家の評判 その1 ★★★

医学博士 「アニマルセラピー入門」著者 的場美芳子 先生

「動物介護教育」の第一人者として知られている的場美芳子先生もこの『愛犬の床』に対しては絶賛しています。

しつけ教室も開催しており、この床を施工しています。

以前に比べて床がキレイになっているからか飼い主さんから

「ココ、ワンちゃん入れていいんですか?」

と尋ねられたそうです。

「簡単に掃除でキレイにできるから大丈夫ですよ」

と言っても、畏まっているぐらいだそうで、それぐらいキレイになったと絶賛。

滑らなくなることに対しては、もちろん効果を感じていると評価しています。

先生は掃除をする際に、スチームモップを使用しているようで、簡単にキレイになることはもちろんのこと、蒸気の熱でほとんどの細菌が死滅することから衛生的にも優秀としており、消臭スプレーなどは犬にとって嫌なものだろうからとスチームモップを愛用しているようです。

ただし、フローリングに使用すると白くなってしまったり、ワックスが溶けてしまうことが悩みだったようですが、このコーティングをしたらスチームモップをしても変色はしなくなったと喜んでいます。

手間がほとんどかからずにキレイにすることができることもそうですが、ワックスを塗り直す必要もない為、以前よりもキレイな状態を維持することができているようです。

犬にとっても人間にとってもプラスであると評価しています。

★★★ 『愛犬の床』専門家の評判 その2 ★★★

北里大学 獣医学部教授 樋口誠一先生

北里大学医学部獣医学学科 小動物第一内科学研研究に所属し、応用獣医学や原虫病学を研究している樋口誠一先生も『愛犬の床』に対して良い考えとされています。

犬と人間の関係性について、

「人と暮らしてきた歴史が長いからなのか、犬は読心術的に人間が何を考えているのかを察する能力にも、とても長けている。」

と考え、生活を共に過ごすのであれば双方が良い方向にいくように考える必要があるとおっしゃっています。

例えば、犬にとってのシャンプーも人間からすると「サッパリしたね」となりますが、実は凄いストレスを感じているかもしれません。

人間にとって良いことが犬にとっても良いこととは限らないということです。

人間だけに都合の良い共存であってはならないとおっしゃっています。

「犬にとって本当に良い環境を」

と思うのであれば、根本的なところからの見直しが必要となること、そして科学的な根拠をしっかり明示することで、より人間にとっても犬にとっても快適な空間作りはなされると考えておられます。

もっと多くの角度からの検証データが用意できれば、人々に認知されることも増え、より犬にとって素晴らしい生涯を送れる家を提供することができると考えていらっしゃいます。

★★★ 『愛犬の床』施工した飼い主さんの評判 ★★★

施工した飼い主さんからの評判をピックアップしました。


「シニアに入る時期になってきたこともあり、普段は1階のリビングでカーペットを敷いて生活をしていたのですが、時々床の部分で足を滑らせてヒヤヒヤしていました。

 また、80歳過ぎた義母もいることから、人にも犬にも適度に滑らない、歩きやすい床を探していました。

 体重10キロ程度ある犬ですが、以前のように危ない滑り方をしなくなったところを見ると効果があると思います。

 心配していた施工後のにおいに関しても、人の方が施工当日と翌日若干気になった程度で、犬自体はほとんど気にしている様子がありませんでした。

 年換算をしたら、施工費用も決して高くなく、ワックスをかけ続ける手間と労力を考えてもお得な買い物であることはもちろんのこと、人間にも犬にも優しく適度に滑らない上に、とてもキレイな光沢が出ました。

 80歳の義母もとてもキレイに艶のある床になり大喜びです。

 どうもありがとうございました。」


これはほんの一例ですが、施工した飼い主さんの声には賞賛する声が非常に多くあり、滑り止め効果が高いだけではなく、見た目の面でも艶や光沢がある床になったと満足しているようです。

年換算をすればワックスよりも安く済むというのも利点と言えます。

【愛犬の床】施工した飼い主さんの評判をもっと見る

★★★ 『愛犬の床』気になる値段は? ★★★

フローリングでは外を走る時とは異なり、犬にとってはとても歩きにくい場所であるということを理解することができたでしょうか。

室内で起こる事故などによって、骨折を起こしてしまうことも珍しくありません。

様々な対策法は存在していますが、実際は手間がかかってしまったり、あまり効果を感じらないという場合も多いようです。

そこで、今回ご紹介させていただいた『愛犬の床』は、一度コーティングしてしまえば、長い期間何もしなくても滑りにくい床を実現することが可能ですし、さらにキレイで艶や光沢のある床を維持することにも長けています。

その点を踏まえても、このコーティング技術が素晴らしいものであることが理解できます。

また、人間にとっても掃除がしやすいなどの利点も多いですし、傷がつきにくいし床におしっこが吸収されてしまうというストレスもありません。

双方にとって合理的な床であることは、過ごしやすい環境を作りあげることになっていきます。

家族の一員として扱うのであれば、根本的なところからの見直しが欠かせません。

その為には、家作りから考えないといけないようです。


さて、『愛犬の床』の気になる施工のお値段ですが、

「標準施工単価:7,500円/㎡」

「約19帖(30㎡)までは、一式価格225,000円」

が基本になるようです。

高いと感じた方もいらっしゃると思いますが、下手に安いコーティングに手を出し、失敗したと感じてる人も多くいらっしゃいます。

愛犬が喜んで駆け抜ける姿、そして20年の保証を考えると、総合的には良い買い物だったと納得できるのではないでしょうか。

ご興味が湧いた方は、まずはどれだけのコーティングがなされるのか、一度資料を請求し、サンプルを手に取ってみてください。

そして、実際に見積もりを依頼してみるのがよいと思います。

【愛犬の床】の詳細・新規見積もり・資料請求はコチラへどうぞ


■LINK